効果的なダイエット法とは

ダイエット

ダイエットには大きく分けると食事によるダイエット法と

運動によるダイエット法があります。

 

このうち食事によるダイエット法とはカロリーの
摂取を控える方法であり、運動によるダイエット法とは
消費カロリーを増やす方法になります。

 

ではまず食事によるダイエットについてですが、
これはまずカロリー計算をすることが必要となります。

 

しかし摂取カロリーを減らすということになると、食事量が
減るために空腹感が残り、続かないといったことになりがちです。
ですからそんな人のために代替食を利用する方法があります。
これはファスティングダイエットといわれていますが、断食ではなく
代替食としてドリンクやスープを取る方法
です。

 

これについてはCMや広告などで宣伝しているのをよく見かけますよね。
また完全なる断食ではない断食法もありますが、
これは週の何日かを断食するかまたは一食を何かに
置き換える方法となります。次に運動によるダイエット法ですが、
これは基礎代謝をあげるためお勧めの方法です。運動すればエネルギーを
消費するだけでなく、筋肉もつきます。お勧めは一人でもできる
ウォーキングやランニングですが、本やDVDを見ながら行えるエクササイズも
よいでしょう。どうしても運動したくない人にはEMSを使うといった方法もあります。
しかしこれはもともとリハビリが目的で使われていて痛みがあるため、
市販のものはかなり弱い設定になっているようです。以上食事と運動によるダイエット法についてでした。

若い子のダイエットについて

ダイエット

痩せたい。と思う方は多いと思います。反対に太りたい。

と思う方は少ないと思います。特に若い女性は365日ダイエットの事が
頭から離れないでいる方が多いと思いますし、
若い方用の雑誌ではほとんどがダイエットの記事が載っていますので、
若い女性の方にとってダイエットとは切っても切れない関係で
いるのではないでしょうか。

 

バナナで痩せると聞けばバナナだけを食べたり、
寒天で痩せると聞けばスーパーから寒天が消えるおかしな
現象まで起きるのは不思議な国だと思います。それだけ日本人に
とってはダイエットとはもう日常生活の一部になっていると
考えられるのではないでしょうか。しかし、本当にダイエットが
必要な方はどれくらい居るのでしょう。

 

若い女性はモデルのような体型になりたいと思いダイエットを
する方が多いと言います。その為ほとんどの方が標準体重に
なっているにも関わらずなぜかダイエットをしたがります。痩せている
イコール綺麗というイメージが強くなっているのが原因だと考えらます。
私も若い頃はダイエットをさまざま試してきましたが、
今思うとなぜ痩せたかったのか。と聞きたくなります。

 

歳をとったせいでしょうか今は痩せたいというより、健康がいいと思うようになりました。
太り過ぎていて生活習慣病になっているあるいはなりそうだ。
という人だけダイエットは必要だと思います。ダイエットで不健康になってしまうよりも、
元気ではつらつしている人のほうがよっぽど輝いて見えると思う方も多いのではないでしょうか。